RSS | ATOM | SEARCH | 管理者
お彼岸
 暑かった夏も過ぎ、もう彼岸です。
我が家の狭い庭にもここ数年前から彼岸花がニョキニョキっと顔を出すようになりました。
ちょうど彼岸の中日には咲きそうです。



 この写真の右に見えているのはクスノキのようで、これも今年の春からのひとり生えです。
この真ん中に見えているのが金柑の幹でこの実をついばみに来た小鳥の糞から育ったようです。

 月読宮さんの鳥居をくぐったすぐ右手のところに内宮さんの末社のひとつである葭原神社が鎮座されているんですが、この境内に大きな大きなクスノキが茂っています。ですのでこの実をついばんだ小鳥だろうと思っています。
このクスノキですが、この木には毎年5〜6月になるとアオバズクがきまってやってきます。
夜になるとホッホ、ホッホと心地よい鳴き声が心を癒してくれます。
今はもうその声も聞こえなくなり南の方へ旅立っていったもようで、今朝の月読宮さんの杜からはけたたましい渡り鳥の声が聞えていました。
やはり秋ですね。
昨日、閉店時に見上げた空もまさしく秋でした。

うろこ雲
つき爺が書きました。分類は「お店で」です。 20:55
comments(0)
白露
今日は白露です。
先の節気の処暑を境に本当に朝晩が涼しく、いやいや寒いくらいになってきました。
秋です。

秋といえば私は秋刀魚。
昨日、某スーパーで秋刀魚が一本90円とい売出しをやっていましたので数本買ってきました。
塩焼きにして食べ、蒲焼丼にして食べ秋を満喫しました。(笑)

今日はその秋刀魚を蒲焼丼にしてお店の「今日のランチ」としてお客様に味わって頂こうと予定しています。
明日は台風接近で臨時休業となりそうですが・・・さぁ、今からうどんを捏ねて朝の仕込みです。


 
つき爺が書きました。分類は「お店で」です。 05:15
comments(0)
月兎舎 NAGI-62号での「伊勢うどんの作り方」のお詫び
先日、月兎舎さんから発売されましたNAGIにて当店の伊勢うどんの作り方の所でレシピに間違いがありました。
これを見て作られた方からの指摘があり分かりました。
私も紙面になる前に校正で目を通したのですが、見落としてしまいました。

2行目の塩水の分量のところですが
以下が正しい分量です。

塩水 320g(水280cc、塩40g)
・塩水 160g(水140cc、塩20g)

作って頂いた方にここでお詫びを申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。
つき爺が書きました。分類は「お店で」です。 20:27
comments(0)
処暑
今日は二十四節気の中でも好きな気の一つで「処暑」です。
まだまだ毎日暑い日が続いていますが、朝夕は夏も終わりだなぁという気配がしっかりと感じられます。
10日ほど前から夜はチンチロリンと秋の虫が鳴き始め、ここ数日前から朝の月読の宮さんの杜ではシャワシャワと暑そうなセミの鳴き声ではなくツクツクボウシの声が朝一番に、その後はミンミンゼミの声が夏を惜しむように聞こえてきます。
自然界では夏の暑さも峠を越えたようですが、調理場の中はまだまだそうはいきません。
朝一の調理場でも30度を下回ってはおりません。朝のうどんの仕込み中、店主は上半身裸状態です。(笑)

日の出前
今朝、お店に向かう途中あまりにも日の出前の雲からもれる光が美しかったので撮ってみました。


 
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 10:05
comments(0)
ラジオ体操 第一
ここ一ヶ月あまり毎朝5分間、ラジオ体操をする日が続いております。
朝、仕込みをしている時間の8時頃まではNHKラジオを調理場に流していますが6時半になるとちょっと仕事の手を止め、客席の広い所に出て始めます。
ちょうどその頃、家内も店に来るので一緒にやるのですが体操の仕方の一部が微妙に夫婦で違っています。「お父さん、ここはこうやに〜」「いや違うさ〜これでええんや〜」って(笑)、二人ともラジオ体操をまともにするのは小中学校以来という事ですので、仕方ないのかもしれません。
そのうちテレビかネットでどちらが正解か確認してみようと思っています。
ラジオでは第一と第二を放送しておりますが子供の頃やったのは第一のみで第二は少しやっただけでほとんど覚えておりませんが、第一だけでは物足りなくなったなら第二に挑戦といったところです。
しかし、それまで続くかな〜(笑)

今朝、その体操の後に今年は花見に行ってないのでお店から2〜3分のところの河川敷にちょっとだけ花見に行ってきました。


 
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 17:00
comments(0)