RSS | ATOM | SEARCH | 管理者
トワイライト・タイム
「寒露」「霜降」と過ぎ暦の上でも晩秋となりました。
店主と家内はここのところ朝のラジオ体操に加え、閉店後に3〜40分のウォーキングを始めました。
と言っても毎日ではありません。今日はお店が忙しくて疲れたからやめようかとか、昨日歩きすぎてちょっと肉離れ気味だからやめておこうか・・・とか気まぐれです。
先日は「15kgのお米を一袋ずつ背中にかついで歩いて精米しにい行こか?」なんてバカな冗談を言っては家内に「そんなん行ける訳ないやろ〜」と一蹴されました。当然ですが・・・(笑)
夕方5時半頃に店を出る頃はまだ明るさが残っているのですが戻る頃にはすっかり暗くなります。「秋の日は釣瓶落とし」とは上手く言ったものですね。
さしずめトワイライト・ウォーキング、夕暮れ散歩、いや日の暮れ散歩いやいや、黄昏徘徊でしょうか。(笑)
あっちを見、こっちを見ながらの散歩で何のドングリの実かわからずとも秋を感じ、また数日前までは金木犀の香りが何処とは無しに漂ってきたりと季節を感じる黄昏時です。


こちらは朝のトワイライト・タイム。
少し前から毎朝、出勤時に気になっていた東の空の明けの明星。
金星だけは分っていたのですが、その左下にも明るい星があるのをで何だろうと思っていました。
見るたびに少しずつ金星に近寄ってきているので調べてみました。
金星木星
木星だったんですねぇ。
ここ数日が最接近の時期だそうです。
金星木星アップ
こちらはさしづめ、トワイライトの金木星でしょうか。(笑)
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 17:24
comments(0)
アントマン
  朝、新聞で今ロードショー中の映画「アントマン」の紹介記事を目にしました。
特殊なボディスーツを身に着けるとアリのように小さくなって大活躍するSF映画だそうです。
そういえばアリは自身の体重の何倍もの重さの物を運んでいるようで力持ちなんですね。

 近頃、店主は歳とともに重いものを持つのが苦痛になってきました。
お店で使う重いものといえば代表格がお米、小麦粉、油、それぞれ30kg、25kg、16.5kgです。
どれも自身の体重以下ではありますが、なにせ店主の体重は最近では夏冬関係無く50kgを切るようになってまいりました。
ボクシングで言うと「フライ級」を下回り「ライトフライ級」をも下回り最近では先日、防衛した高山勝成の「ミニマム級」になってまいりました。(笑)
 体重の事はさておき、そのお米の30kg二袋(一俵)を月に1〜2回精米に行きます。
これが重くなってきましたのでお米を頂いている近所の農家さんのうち一軒では数年前から半分の15kg袋に入れてもらうようになりとっても楽になりました。
また、つい先日は伊勢うどんに使う小麦粉(あやひかり)の袋も25kgから10kgの袋に変更してもらいました。

あやひかり10kgお米15kg

あとは油の一斗缶。これも「よっこらしょっ」とフライヤーに注ぐのが重い。
せめて10kgくらいの缶がないかな〜なんて思っています。

 また昨今の営業時間の短縮もその一つですが、歳とともにいろんな工夫をこらしたりして何とか体力と折り合いを付けながら、アリのように力持ちじゃなくともハタラキアリのように地道にボチボチと働けたらと思っています。
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 16:10
comments(0)
処暑
今日は二十四節気の中でも好きな気の一つで「処暑」です。
まだまだ毎日暑い日が続いていますが、朝夕は夏も終わりだなぁという気配がしっかりと感じられます。
10日ほど前から夜はチンチロリンと秋の虫が鳴き始め、ここ数日前から朝の月読の宮さんの杜ではシャワシャワと暑そうなセミの鳴き声ではなくツクツクボウシの声が朝一番に、その後はミンミンゼミの声が夏を惜しむように聞こえてきます。
自然界では夏の暑さも峠を越えたようですが、調理場の中はまだまだそうはいきません。
朝一の調理場でも30度を下回ってはおりません。朝のうどんの仕込み中、店主は上半身裸状態です。(笑)

日の出前
今朝、お店に向かう途中あまりにも日の出前の雲からもれる光が美しかったので撮ってみました。


 
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 10:05
comments(0)
ラジオ体操 第一
ここ一ヶ月あまり毎朝5分間、ラジオ体操をする日が続いております。
朝、仕込みをしている時間の8時頃まではNHKラジオを調理場に流していますが6時半になるとちょっと仕事の手を止め、客席の広い所に出て始めます。
ちょうどその頃、家内も店に来るので一緒にやるのですが体操の仕方の一部が微妙に夫婦で違っています。「お父さん、ここはこうやに〜」「いや違うさ〜これでええんや〜」って(笑)、二人ともラジオ体操をまともにするのは小中学校以来という事ですので、仕方ないのかもしれません。
そのうちテレビかネットでどちらが正解か確認してみようと思っています。
ラジオでは第一と第二を放送しておりますが子供の頃やったのは第一のみで第二は少しやっただけでほとんど覚えておりませんが、第一だけでは物足りなくなったなら第二に挑戦といったところです。
しかし、それまで続くかな〜(笑)

今朝、その体操の後に今年は花見に行ってないのでお店から2〜3分のところの河川敷にちょっとだけ花見に行ってきました。


 
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 17:00
comments(0)
お詫び m(__)m
このつきよみ食堂のブログも下の書き込みから早、3年も書き込んでいなかったんですねぇ〜
申し訳ありませんでした。
今日はなじみのお客様からお尻を叩かれる形ではありますが、またボチボチと店主の思う所等々を書き込んでいこうと思っています。
よろしくお願いいたします。m(__)m
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 20:54
comments(2)
40周年に向けて

先月、30周年を迎えたくさんの方々からお祝いのお言葉、品を頂きお客様、業者の方々のありがたさを改めて実感しました。
これから今度は40周年に向けて(笑)の今後のお店の在り方などを考え、これまでにも考えていた多くのああしようこうしようという候補の中から幾つかを思い切ってこの11月に実行しました。

先ず、私たちは年齢と共に体が衰えていくのを最近、富に実感しています。(気持ちはいつまでも20代ですか・・・)(笑)
そのあたりをかんがみ、休みを増やすとか労働時間を減らすといった取り組みをしました。
これまで毎月曜の定休に加え第1第3の火曜日も休ませて頂く事にしました。
労働時間の短縮についてはこれまでなるべく何でも自分でやってしまおうという食材の加工などを納入業者の方に下処理をしていただくとか処理済みの食材を使うとか、そういった方向で一部実行したり交渉したりしています。
その大きな柱の一つは豚ロース肉です。HPの食材のところで新しく紹介させていただきました。
これまで宮崎産の豚ロースを自前で処理していたものを米国シーボードフーズ社のCCロインというこれまで私がカットしていたのと同じカット方法の豚ロースに変えました。これにより作業時間が3〜40分短縮になりました。
また、細かなことですが漬物皿をサラダの皿と共用して洗い物を少なくしたり、給茶をテーブルポットに変えたりとか・・・こういった省力にも努めました。

もう一つ大きな目標がありました。
30年を過ぎ当店の原点に帰ろうという取り組みです。
それは私の求める伊勢うどんにさらに近づけるという事と大衆食堂としてのつきよみ食堂を忘れないという事です。これは安く美味しく安全にという方向を忘れないという事です。
伊勢うどんについては2年前に手打ちに変えたことで麺は一歩近づいたという思いはありますが、今度はたれについて今回、かなり勇気のいる事でしたがたまり醤油の仕入先を変えました。
その結果、色、香りという点についてかなり変わりました。ご賞味いただければと思います。

大衆食堂としての取り組みですが、先に書いたように豚ロースの変更で仕入額が安くなったのでかつ丼を700円から650円に値下げさせていただいき、ちょっと乱暴ですが他の丼物もついでに一律650円に値下げしました。
同じようにとんかつ定食を900円から800円に、ついでに他の定食も一律800円に統一値下げしました。これは計算が楽なようにという省力の含みもあります。(笑)
最後になりましたが米国産豚ロース肉の安全面ですが、先年の牛肉の肉骨粉問題から米国産の肉と言うと敬遠されがちですが上のシーボードフーズ社のHPを見ると不安など吹き飛んでしまいそうです。
ただ、地産地消、食料自給率問題、TPP参加問題と頭が痛い問題が山積している日本にとってこれでいいのかとちょっと悩んでしまう店主です。

つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 21:33
comments(2)
幻想交響曲的味
 最近のお気に入りはベルリオーズ『幻想交響曲』。
この曲は若き頃、レコードで聞いていたのですがイマイチ良いなと思いませんでした。
当時、ロック青年であった私はキング・クリムゾン、ピンク・フロイドといったプログレッシブ・ロックがお気に入りで、この『幻想交響曲』は単純に『幻想』という文字に引かれて聴いてみたのだと思います。(^^ゞ
つい最近、この曲を改めて聴く機会があり、この曲のとりこになってしまいました。
ベートーヴェン、ブラームスのように硬く無く、ドビュッシー、ラベルのような退屈さは無く、チャイコフスキーのような暗さも無く、ブルックナー、マーラーのような難しさも無く、R.シュトラウス、ワーグナーのように雄大でカリスマ的では無く、なんと表現していいのか良く分からないのですが色んな物を兼ね備えた中庸的な魅力を感じます。

お店の味についても同じような事が言えると思います。
それぞれ個々のお店ではそれぞれの味の特徴を持っていますが、それが取りも直さずお店の主の顔であります。
ふと、当つきよみ食堂にとってのそれは何なのかと店主自ら自問してみたのですが、〇〇ですといった明快な答えが浮かんできません。
あえてお客様が『幻想交響曲的な味』を感じてくれれば良いかなと思っています。
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 11:00
comments(3)
前大僧正行尊の怪
今年の元日は娘、孫たちとそろって徒歩5分の氏神さん、月読宮さんに参拝でした。
 月読宮さん参拝
その後、孫たちと竹馬作り、家に帰ってからは百人一首で坊主めくりをしていたのですがその時にこんな事が・・・
孫に『坊主』『姫』を説明する際、うちの昔の任天堂の百人一首では坊主の中でも被り物をしている僧が一人います。その札は前大僧正行尊の『もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし』という絵札です。
最初に次女がこの札をめくったので孫たちに「これは頭に帽子をかぶっているけど坊主なのよ」と教えていました。それから勝ち負けは別にして二度三度と繰り返すたびにこの札をめくるのは必ず次女だったのです。2、3回なら気にしないのですがそれから繰り返すごと5回目も6回目も・・・
そうなると娘も気になりだしてこの札をめくらなくなるまで続けると言い出して終わったのが10回目!ようやく孫がこの札をめくりました。 行尊がぎょうさん出たなの怪でありました。(笑)

今日は伊勢神宮へ政権が変わって初めて首相が参拝される日であります。
さしづめ百人一首で表すと・・・ 
藤原実定 『ほととぎす  鳴きつる方を  ながむれば  ただ有明の  月ぞ残れる』
政権を執ってまだ100日ほど、答えを出すのは早すぎるとは思いますがホトトギスは鳴いたけどぽっかりと月が浮かんでいるだけといったところでしょうか・・・
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 15:34
comments(2)
新年を迎えて
お客様で背筋がピ〜〜ンと真っ直ぐにされてお食事される方が時々お見えになります。先日も女性の方でちょうど厨房から真っ直ぐにお客様を真横に見るところの座敷に正座をされて座られたのです。
こういう方をお見受けると猫背の店主はあこがれます。というより尊敬すら感じてしまいます。
年が明けすでに3日がたちますが今年はこのお客様のように日本古来の『〇〇道』に通じるような背筋をピンと伸ばした年を送りたいと考えています。
猫背は治らないとしてもせめて気持ちだけでも・・・・・・恥じないで真っ直ぐ前を向いて歩むそんな年にしたいと思っています。
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 19:42
comments(0)
今年を表す漢字『新』
今年の漢字には『新』が選ばれましたが、新型インフル、新政権を受けての選だったようです。
この3党連立の新政権、なかなか動きがぎごちない。新は新でも国民新党の新に振り回されているようで・・・
さしずめ、つきよみ劇場的に表すと『田んぼに舞い降りた鳩が右足をスッポン(亀)に食いつかれ、左足は稲穂(みずほ)に絡まって飛べないの図』といったところでしょうか。(笑)

『新』といえば今年になって照明器具では電球型LEDランプが大手メーカーからも発売されましたが、私の店ではまだまだこの金額では手が届きそうにはありません。そんな中、先日に百円均一のお店でこれをみつけました。

電球型蛍光ランプ

当店ではすでに10年ほど前から電球からこの電球型蛍光ランプに替えていますが、ここ数年やっと安いのでは400円くらいになったところですのでこの100円には驚きました。
早速、一つ試しに買ってきましたが十分。

こんなのを買っているとますます国内産業の衰退につながるのではと反省しながらもやはり値段に負けてしまう意気地なしの店主であります。
つき爺が書きました。分類は「店主のつぶやき」です。 20:47
comments(2)